アフターピルの頻繁な使用は肌荒れの原因?!

足元が乾ききっている

ゴムではなくアフターピルを頻繁に使っていたことが私の肌荒れの原因になったのではないかと思います。
というのもアフターピルは体にあるホルモンのバランスを偏らせることによって排卵日を遅らせる避妊薬なので体にだいぶ負担が掛かってしまうのです。なので生理周期も一時的に不規則になります。

私は月1の頻度だったので当然ながら生理周期も安定しなかったために上手くホルモンが分泌されず肌荒れを起こしていたと思います。
しかしアフターピルには最強の避妊効果があるので手放せません。ですが今では頻度を減らしてなるべくゴムを装着してもらっています。アフターピルを控えてから肌荒れも良くなってきました。アフターピルに頼り過ぎていたのだと感じました。

アフターピルは肌荒れと関係があるのか?!

私が気になったのは、アフターピルはなぜ避妊をしてくれるのかということです。避妊効果と肌荒れは関係あるのかということで調べてみました。

アフターピルには女性ホルモンである黄体ホルモンが含まれているようです。

黄体ホルモンが起こす作用としては生理前だったり、妊娠中に分泌されることが多いのだとか。生理前や妊娠中は体温が高かったり食欲増進など体への不調が出やすい時期ですよね。また生理中に避妊をしないカップルもいますよね。
というのも黄体ホルモンの分泌量が多いと卵子の働きを止めるために妊娠を防ぐといいます。

ですので妊娠中も妊娠がしにくいのです女性の皆さんもご存じのとおり生理前や妊娠期間中はお肌が荒れやすかったり、敏感になっている時期ですのでアフターピルを服用すると黄体ホルモンの影響で人工的に生理を起こさせようとするので、肌が生理前の状態だと勘違いをしてしまうので肌荒れが起きやすいのです。

アフターピルは避妊をしてくれるからと言って頼り過ぎてはいけないということです。お肌の為にも月1の使用は避けたいと思います。